NEWS

タイヤが「はまらない」を改善!チャレンジタイヤのロードバイク用タイヤ

2021.08.03

CHALLENGE

ロードバイクのタイヤは、はめにくいという話をよく耳にします。チャレンジタイヤでもそういったお声はいただいていました。しかし、最近ではタイヤの構造も改善され、はめにくいタイヤではなくなっています。まずは女性ユーザーがチャレンジタイヤのハンドメイドクリンチャー、ELITE XPを一人で装着するビデオをご覧ください。 

このように、女性など力の弱い方でも一人で装着できます。そのためライド中にタイヤ交換が必要になった時にも自分で交換ができ、安心してご使用いただけます。
ただし、タイヤのはめにくさというのは外れにくさに繋がり、バースト時のビード外れを防いでいます。これはライドの安全性に関わり、しっかりとホイールにはまるということもタイヤ選びの重要なポイントです。また、はめにくい場合は専用工具をご用意しております。「ビードセッティングツール」

チャレンジタイヤでは、高コスパな日本限定モデル「HCL ELITE XP 220TPI」をラインナップしています。

チャレンジタイヤは、ブランドの源流となるCLEMENT(クレメン)から数えると半世紀以上もの間、レーシングロードレースタイヤを手がけてきました。多くのグランツール覇者や金メダリストを支えてきた、そのしなやかな乗り心地と転がり抵抗の低さはエントリーグレードの製品でも存分に体感することができます。

「HCL ELITE XP 220TPI」は25mmと27mmの2サイズ展開で、トップグレードと同じハンドメイドです。またポリエステルケーシングと天然ゴムトレッドを採用し、220TPIの高TPIによって、同価格帯の中では群を抜いて、しなやかなタイヤです。

FEATURE
・現在のロードタイヤの主流サイズとなる25mm及び27mm幅の2サイズ展開
・トップグレードと同じハンドメイド製法
・220TPIはこの価格帯では群を抜くしなやかさ!
・ポリエステルケーシングと天然ゴムトレッド採用!
・従来より大幅に装着が容易になって登場!

・GANZO PPS
トレッドとケーシングの間に備わり、従来のPPSよりも対パンク性が向上 (GANZOは素晴らしいという意味のフィレンツェの方言)。より織り目が詰まり柔軟さも加わったこの対パンクベルトは以前より軽く、ケーシング本来の性能をより体感できるようになりました。

・CORAZZA Armor
ケーシングのサイドカットによるバーストを防ぐためのプロテクション(CORAZZAは鎧という意味のイタリア語)。全面2層構造の220TPIポリエステルケーシングはタイヤサイドの保護性能や耐久性のアップと、従来のしなやかで快適な乗り心地を両立しています。

・SMART plus tread compound
天然ゴム製でグリップ力に優れる新型トレッドはウェット、ドライ、どちらの路面状況でもハンドメイドならではのしなやかさで、正確なバイクコントロールを可能にします。従来より硬度が高いロングライフトレッドは摩耗を遅らせて耐久性を高めました。

・ARAMID BEAD PROTECTION STRIP
ELITE XPはカーボンリムのビードフックとの擦れによるタイヤへの悪影響を減らすために、チェーファー部分にビードプロテクションを備えています。

サイズ : 700×25, 27mm
価格 : 4,500円 (税込4,950円)

お買い求めの際は、全国のチャレンジタイヤディーラーへお問い合わせください。
ディーラーリストはこちら

BRAND

PAGETOP